家を買う予算の決め方

 家を買うためにはまずは予算を決めないといけません。

 よく「どのくらいでお考えですか?」と営業マンが聞いてきますが、そこを決めておかないと営業マンから紹介してもらえませんし、自分で探す場合においても安い物件に目が行きがちです。

とはいえ、家計に無理なく「買える価格」であることが重要です。また、家の購入や新築、リフォーム時に支払える「現金の額」と「住宅ローン借入額」も考えないといけません。

「住宅購入資金」の計算方法

一般的に

貯蓄額-(入居費用+生活予備費+将来のための貯蓄)=住宅資金

と言われています。

入居費用:物件の種類や規模によって異なるが、一般的な新築住宅で、カーテンや照明器具など必要最低限の家具購入の場合は、50万円程度が目安。

生活予備費:病気やケガ、災害時など万が一の事態に備える資金。会社員なら生活費の3カ月~半年分を。

将来のための貯蓄:「教育費の貯蓄」「車の購入資金」など。

住宅ローン借入額は?

住宅ローン返済額は、一般的に「年収負担率(※1)25%以内なら安心」といわれています。会社からもらう源泉徴収票の25%をかけて目安がでます。だいたい下記の感じです。

年収 400万円 →毎月返済額 約 8.3万円→借入額2845万円

年収 600万円 →毎月返済額 約12.5万円→借入額4285万円

年収 800万円 →毎月返済額 約16.7万円→借入額5725万円

年収1000万円 →毎月返済額 約20.8万円→借入額7130万円

毎月返済額=年収×25%(年収負担率)÷12カ月。ボーナス時加算なし。借入額は金利1.2%、35年返済として試算

世帯の人数やライフスタイルによって異なりますから、あくまで目安です。家計にあった無理のない返済額を決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました