ワンストップ特例申請とは?

ふるさと納税

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは2015年4月1日の税制改革で新たに追加された特例制度です。

利用可能条件に当てはまる方であれば、確定申告をせずにふるさと納税による寄付金控除を受けることができます

ワンストップ特例制度は確定申告などしたことないサラリーマンが確定申告をせずにふるさと納税を活用できる制度です。

Point①:ワンストップ特例制度利用条件

条件①:確定申告をする必要のないサラリーマン(給与所得者)であること
条件②:1年間の寄付先が5ヶ所の自治体以内であること
条件③:寄付した各自治体へ申請書を郵送していること(※翌年の1/10必着)

手続きは非常に簡単で

寄付した地方自治体より送られてくるワンストップ申請書を記入して返送する。これだけでふるさと納税の寄付控除が受けられます。(下図の赤矢印のみ対応が必要です。)

ただ、一つだけ注意点があり、締め切りがあるので(翌年の1/10まで)必ず守りましょう

ワンストップ特例申請準備

Point②:準備項目
  1. ワンストップ特例申請書(寄付先より送付。) 
  2. 印鑑(認印。シャチハタは不可。)
  3. 本人確認できる書類

ワンストップ申請書〜記入例〜

以下の申請書が寄付した地方自治体より送付されてきます。

ワンストップ申請書の記載内容参考サイト
https://img.furusato-tax.jp/img/x/city/files/24543/onestop3.pdf

ワンストップ特例申請書受付完了のお知らせ

今回ふるさと納税させて頂た佐賀県伊万里市は非常に丁寧で下のようなメールが来ました。

ここまでが一連の流れになります。

最後に、、、

ふるさと納税は寄付額は翌年の住民税の減額でほとんど戻ってくるし、返礼品はもらえて非常にお得な上、確定申告が必要ないサラリーマンはワンストップ特例申請書を送付で手続き完了となると便利な制度です。ただ、翌年の住民税が減額されてるか分かりづらいやワンストップ特例申請が本当に問題なかったかなど不安になる部分もあると思いますが、やらずに後悔している人はこの機会に不安な気持ちを抑えて活用して頂くきっかけになれば光栄です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました